歴史について

スマホを見る女性

保険の歴史は、中世のヨーロッパが始まりです。ある人物の問いかけで始まった保険は、仲間同士で困った事があった時に一つの助け舟として資金の援助を開始します。
病気で働けなくなってしまった村人や、不慮の事故や病気で亡くなってしまった遺族の援助などを中心に生活の援助を続けていきます。
17世紀に突入すると、仲間に万が一の事があった時の為に、一定の金額を支払う制度が出来上がっていきます。しかし、生活苦の未払いや一定の金額の支払いにした事で、組合人が減ってしまい、結果この制度は姿を消してしまいます。
18世紀に突入すると、有名な天文学者による脂肪率に基づいた生命表が製作されます。内容もしっかりしており、計算基礎に基づく事で支払いが、無理する事なくできるようになりました。それから月日はたち、暮らしの変化と共に万が一に備えるという意識の中、病気や怪我、入院時に発生するリスクや老後に供えたりと幅広く対応できる生命保険が誕生したのです。
保険のテーマは、助け合いになります。現代の日本だけではなく遠い昔から誕生していた為、現在たった今でも必要不可欠なものになるのです。

何故、ここまで保険が必要になるのか。何気ない日常の中で、もしかしたら大きな事故に巻き込まれるかもしれません。病気にかかってしまい手術や入院が必要になるかもしれません。
一生安心安全に暮らしていくのは難しいのです。近年では、生活水準も上がる一方で、出費が何かと多くなる世の中でもあります。
しかし、そこに突如降り注ぐ災難は、これまで保ってきた生活水準が一気に崩れ去る可能性も否めないのです。
独身の場合も同じ事が言えます。万が一、仕事が出来なくなってしまったら収入を得る事すらできなくなってしまいますし、生活するお金がなくなってしまう可能性だってあるのです。
万が一が起こってしまった後では大変です。経済面で苦労しないように、今の内に保険の相談をし、準備が必要になってくるのです。

相談窓口は、ネットでもありますし、店舗でも行っています。また比較の相談も同時に行っていますので、プロの目からの診断が可能になります。
保険の事を詳しく知りたい人も、相談で勉強できます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031